2012年12月31日 (月)

蹴鞠観戦2012(12)

あと数時間で年越しですね(挨拶)
今冬は年末恒例の珍道中がなかったので、年末は特に何もなく...と思ってたら、更新するの忘れてた話がありました!今年のネタは今年のうちに!(^^;

2012122313030000

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝@名古屋市瑞穂陸上競技場
名古屋グランパス0-0(前半0-0、延長戦0-0、PK6-7)横浜・Fマリノス

2年続けて同じ会場で同じ顔合わせのゲームでしたが、おそらく今年の観戦納めになるなと思いましたので、思い立って行ってきました。
前週とは打って変わって、上天気で風もそこそこあって肌寒かったです^^;
両チームとも残すタイトルが天皇杯だけという状況下でしたので、チームはもちろんのこと、サポータの皆様も気合十分でしたが...

F・マリノスは今季のJ1最小失点チームなので、そう点は入らないだろうという予想は当たりました。
そして1年前のゲームよりも、両チームともに得点のニオイはありました。
ただ、両チームとも1年前の試合以上にゴールキーパーが大当たり、普段なら入ってそうな流れが見事に防がれあう展開で、またもやPK戦に。
ま、PK戦は運試しのようなところがあるので、これは致し方無しですかね...

という訳で2012年は蹴鞠観戦が久々に10試合を越えました。
それぞれの試合にそれぞれの面白さを感じられたゲームばかりだったので、割と当たり年だったと思ってます。
この調子で2013年も良いゲームが観られますように。

そして2012年の備忘録はこれで納めることといたします。
更新したりしなかったりの波の激しい1年でしたが、2013年はもう少しマメに更新出来たらと思ってます。
まだお越し頂いているモノ好きな皆さま、2013年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

蹴鞠観戦2012(11)

もしかしたら下克上の証人になっていたかもしれません(挨拶)
12月に入って体が低調だったんですが、諸々の理由が重なったので(そのへんはまた後日)、思いきって観戦してきました。

2012121514540000 2012121516570001

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦@名古屋市瑞穂陸上競技場
名古屋グランパス5-2(前半2-2)ロアッソ熊本

あいにくの空模様でしたが、試合中は雨が全く降らなかったのは幸いでした。瑞穂陸はメインスタンドのお高い席にしか屋根がないので^^;
一番お安く緩く観られたので、バックスタンド脇のAway側ゴール裏にいましたが、熊本の大健闘が光った前半終了直後は盛り上がりましたねえ。
他方、Home側からは名古屋の選手たちに大ブーイングが浴びせられてましたけども^^;;;

それでも名古屋は後半やり方を変えたり選手を替えたりしつつペースを掴み、3点目を取ってからは地力の差を見せてくれたかなあと。
ただ、けが人続出から続くビミョーな感じを拭うまでにはいたらなかった気がします...
他方、熊本は出せる力を出し切ったと見ましたので、胸張って九州へ欲しいなあ。

ともあれ、長年の懸案事項だった「瑞穂陸で開催されるグランパスのゲームで、グランパスの90分勝ちを観たことがない」という私的ジンクスが、
観戦8試合目にしてようやく止まることになりまして、ホッとしております(爆)

この結果、名古屋は来週の準々決勝に進むことになりましたが、去年に続いて瑞穂陸に横浜F・マリノスを迎えることに^^;;;
知り合いの名古屋サポの皆さまからは「来週もおいでよ」と言われてますが、さてどうしたものか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

蹴鞠観戦2012(10)

とあるジンクスがストップしてしまいまして(挨拶)
観戦に行くと何かしら89場ネタが発生するので、担げるゲンは担ぐタイプの人なんですけどね...

JリーグDivision1(J1)第30節@豊田スタジアム
名古屋グランパス1-1(前半0-0) 横浜F・マリノス

2012102714050000

先日のなでしこリーグ観戦の折に、グランパス好きのお知り合いさんから「27日の豊田スタのチケットを持ってるけど行けなくなった」ということで、格安で譲って頂きまして。
今年は「土曜日は動けるけど日曜日は動けない=J2の試合に行けない」という事情があり、
さらに豊田スタジアムでは「名古屋が1-0で勝つ試合しか観たことがない」というジンクスもあり、
ならば今季はどうにも調子が出ない名古屋さんに貢献を...なんて気持ちで向かったんですが。
結果は「最後の最後でやっちまった」結果、名古屋さんが勝ち点3を取り逃がしてしまい、ジンクスも破れてしまいました^^;

ゲームは、前半は完全なマリノスのペースだったのを、どうにかこうにか名古屋がしのぐ出展開。
しかし名古屋が後半から選手を入れ替えたことが功を奏して徐々にペースを掴み、さらに残り5分を切ったところで見事な連続攻撃で先制。
あとはこのまま逃げ切り...となるはずなんですが、これが出来ないのが今季の名古屋さん^^;
ロスタイム4分のところ、3分過ぎにゴール正面でフリーキックを与えてしまい、これを名手・中村俊輔御大に沈められた直後に試合終了となりました。
ちなみに名古屋さんが後半ロスタイムに失点するのは、今季これで10回目だったそうです(爆)

今日は寝坊してしまって、昼まで食事にありつけなかったり、この時刻表と間違えて「1964年の時刻表復刻版」(製本サイズが全く同じ)を持ってきてしまったり、
「土曜日なのに豊田市内で道路工事渋滞」に引っかかってしまって試合開始までに入場できなかったりで、
何かトホホがあるんじゃないかとは思ってたんですが...(ためいき)

帰り道では、沿線にお住まいの先輩にお茶に付き合って頂きまして、一連のトホホな話をしたら爆笑してらっしゃいました^^;
そしてそして、お茶から解散後に混雑回避のために岐阜まで名鉄特急特別車を利用したら、モノの見事に珍車(理由はこちら)を引き当ててしまうオチが。

たまには「ネタを回避しつつ公共交通機関を利用して観戦する」ミッションを達成したいんですが...未だ道半ばでゴザイマスね(滅)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

蹴鞠観戦2012(9)

企業スポーツは経営方針次第だってわかってるんですけどねえ(挨拶)
どんなに成績が良かろうと(その逆もありますが)関係ないんですよね、例を挙げればキリがないので止めますが(涙)

JFLの強豪として、またJリーグを目指すチームにとっては事実上「Jへの門番」として鳴らしてきた、
SAGAWA SHIGA FC(佐川急便滋賀フットボールクラブ)会社の経営方針により廃部?との報道が飛び込んできまして。
まだ公式発表はありません(週明けに会見予定)が、今日がホームゲーム開催日だったこともあり、急遽行ってきました。

第14回日本フットボールリーグ(JFL)第30節@SGホールディングスグループ健康保険組合守山陸上競技場
SAGAWA SHIGA FC 2-0(前半1-0) V・ファーレン長崎

2012102012560000 2012102013190001

そんな報道のあった直後の試合がホームゲームで、
しかも相手は「優勝なら自動的にJリーグ入り、2位なら入替戦」という権利を持つ目下首位の長崎
長崎からも結構な数のサポーターが駆けつけたこともあり、普段よりも入場者は多めでした。

ゲームは、先制点が入るまでは完全な長崎ペース。鋭い出足で詰めてくるので、SAGAWAはシュートを打つことさえママならず。
10分過ぎには、長崎がGKをかわしてシュートというシーンもありましたが、これをゴールポスト選手がナイスセーブ...
これが決まっていたら全く違った展開だったんでしょうね。
そしてSAGAWAがこのゲームで初めてペナルティエリアに持ち込んだところで、SAGAWAの選手が倒されてPKになり先制。それでも前半はまだ長崎ペースでした。
が、後半は時間が進むにつれて長崎の出足が落ちてきて、次第にSAGAWAがボールを前に運べるようになり。
そして、SAGAWAの交替出場の選手が機能して前でボール保持が出来るようになってからは、さらに前でボールが動くようになって攻めが分厚くなりまして。
そんな流れの中で、中央突破からきれいな形で2点目が決まり、これで勝負ありました。

後半からは、やはり報道で知って来ることにしたという、岐阜を応援するお仲間と一緒に、SAGAWA側で観戦。
昨季まで岐阜の主力だった選手(なぜ契約切ったのかとの声多数)がSAGAWAに移籍(復帰)していたので、2人してSAGAWA応援体制で。
その選手が2点目をアシストしたこともあり、お互い「満足...と言いたいんだけど」という結論に達した次第でありました。

2012102013020000 ケガで療養中の主軸選手(背番号9)のユニフォームが掲げられていたSAGAWAベンチ

2012102014520000 試合後にスタンドに挨拶するSAGAWAの選手

2012102015020000 競技場はSAGAWAホールディングスの所有する施設の一部(!)、社内スポーツ大会(毎年開催)ではフル稼働とか

おそらく選手やスタッフにはもっと詳細が話が行ってるとは思いますが、それを感じさせずむしろバネにしたような意地を感じた一戦でした。
SAGAWAの今季残りのホームゲームあと2試合、全て土曜の昼開催。
ワタクシメは、今年いっぱい諸事情で日曜に動けないため、スタジアムに行くなら土曜しかないのですが...さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

蹴鞠観戦2012(8)

たぶん明日はぐったりしてると思いますが(挨拶)

W杯で金メダル、ロンドン五輪で銀メダルと、ここのところ女子サッカーが元気ですが、
その下地であるところの国内リーグ、なでしこリーグを観戦したことがないのでいつか行きたいと思っていたのです。
ただ中京圏には伊賀FCくノ一しかチームが無く、伊賀上野は微妙に行きづらくてなかなか...
というところに、まさかの名古屋開催の報が飛び込んできまして。ちょっと迷いましたが、行ってきてしまいました^^;

なでしこリーグ2012第14節@名古屋市瑞穂陸上競技場
伊賀FCくノ一0-1(前半0-1)INAC神戸レオネッサ
得点:【神戸】澤

2012101312300000 2012101314250000

それなりに入るんだろうと思いながらも5ケタはないと踏んでゆっくり出撃してたら、「開場前の待機列がめっさ長い」との報せが。
割とがくぶるしつつも、何とかバックスタンド中央部に潜り込めました^^;

日本代表を多数抱え、現在リーグ首位をひた走るINAC神戸の圧倒的有利との下馬評で、ワタクシメもそう思って観てました。
で、試合開始からINAC神戸が華麗なパスワークでボールを保持して、ほぼ伊賀陣内で試合を展開。
そして10分過ぎにCKから、日本代表の大黒柱、澤のきれいなヘッドで先制したときには、あと何点入るかな?という按配でした^^;
ところが30分すぎから伊賀FCも徐々にチャンスを作り始め、後半は伊賀FCの方がむしろ押し返す展開に。
INACは後半少々雑になったか前半のパスワークは陰を潜めた感じもありましたが、最後は地力で寄り切った印象でした。

INAC神戸も伊賀FCも、押されていても縦に急いだりロングボールを多用したりはせず、自陣からでも繋いでいくスタイルなのは女子代表に通じる部分ですかね。
あと、男子のようなセルフジャッジが少ないのが新鮮だったり好印象だったり(爆)

2012101312540000 初めてのなでしこリーグ観戦でしたんで、グッズも買ってみたり

2012101313290000 グッズ売り場、手前側が伊賀FCで奥がINAC神戸、一応伊賀FCのホームゲームなんですけどね?^^;

2012101314160000 後半は伊賀FC側ゴール裏にも潜入、中央にはマスコットの着ぐるみが^^;

名古屋開催の裏には、J1の名古屋グランパスがナビスコ杯で早々に敗退してしまい、瑞穂陸の予定が浮いてしまったという事情があったそうで^^;
そのせいもあってか、グランパス好きの方がかなりいらっしゃいまして(爆)
試合後はそのグランパス好きの方々と反省会をして、帰途につきました。

次はやはり伊賀上野かなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

棒球観戦2012(2)

ひいきチーム同士で日本一争い、というのは節操なしファンの夢です(挨拶)
プロ野球日本一決定戦としては日本シリーズがありますが、2軍にも日本一決定戦がございまして。
7回戦制の日本シリーズとは違って、地方開催での一発勝負なんですが、何が起こるか判らない愉しさや、遠征先の美味観光まで込みで面白いのですよ。

ワタクシメは、オリオンズと呼ばれていた頃からのロッテ好きで、また南海時代からのホークス好きでもある福岡県人なので、今年はもう夢の組合せで。
そこへ、ホークス好きの福岡県人である大学の同期から「松山行ってくる」とのお話を聞いてしまい、お願いして松山遠征に混ぜてもらいました。

P1960134_2 P1960136_6

2012年度ファーム日本選手権@松山坊ちゃんスタジアム
浦和千葉ロッテマリーンズ4-0雁ノ巣福岡ソフトバンクホークス

両チームとも熱心なファンを多く抱えておりまして、四国松山なんざ遠くに入らないぜ!とばかり多くのファンがご来場。
また松山は野球の盛んな土地柄ということもあり、7,000人近い観客の中で行われた大一番、になりました。

試合のほうは、ロッテ好きとしては、先発の好投や二遊間の好守に連続タイムリーと、望外の好ゲーム。

Img_2933 レフトスタンドを黒く染めたマリサポもご満悦です!

他方、ホークス好きとしては、バント失敗で流れを手放してからの、ポップフライの山に守乱(特にバッテリー)、そして最後まで3塁も踏めず...
あまりのしょっぱさに、応援団も調子が狂いっぱなし。そして松山市街に場所を移しての同期との反省会も、些か愚痴方向に^^;

試合後の表彰まで観ましたが、2軍の日本一を決める試合なんで、MVPは7回無失点の若い投手(1軍経験無し)にあげて欲しかったかな...
地元愛媛出身で先制タイムリー含む2打点の大活躍とは言え、1軍戦に400試合近く出てる選手に、というのは色々もったいないかも、とか^^;
あと、ラッキー7に、ロッテの応援歌は1番からちゃんと流れたのに、ホークスの応援歌は3番からってのはどんなアウェイの洗礼ですか?>放送席

とまれ、色々ありましたが、夢の組合せ&同期との愉しい地方遠征観戦でした。
おそらく今年の棒球観戦はこれで〆になりそうです。来年もよい観戦が出来ますように!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年9月30日 (日)

はじめての国体観戦

47年に1度の地元開催ですので(挨拶)
今までの人生で、住んでいる県で国体が開催されるのは、第45回福岡とびうめ国体以来でしょうか。

昨日から、第67回ぎふ清流国体が開催されております。
昨年くらいから主要道路やら各会場最寄駅周辺の整備が急ピッチで進んでまして、「国体」のご威光を思い知っております(笑)
そんな気合の入った準備をもって始まったのですが、
一昨日の天皇皇后両陛下来岐の折には新幹線が大遅延、そして今日は折からの台風17号。果たしてこの先どうなりますやら?^^;

そんな今年の国体なんですが、個人的には国体に参加はおろか観戦もしたことがなく。
せっかくの地元開催なので、何か観戦したいなと思っていたところに、ちょうど大垣市でサッカーが開催されるとありまして
台風と空模様とにらめっこしながら行ってまいりました。

第67回ぎふ清流国体 サッカー成年男子の部1回戦@大垣市赤坂スポーツ公園
2012093011150000 1試合目の石川-長崎の試合終了後の挨拶風景

石川県2-1(前半1-0)長崎県
岐阜県1-0(前半0-0)栃木県

普段は観客席なんてものはない赤坂スポーツ公園ですが、さすがに今日ばかりは仮設スタンドが設置されておりまして。
この仮設スタンドがピッチに大変近いもんですから臨場感があって愉しゅうございました。どうせなら常設してくれないかなあ^^;

1試合目は、繋ぐ長崎県に走る石川県という対照的なスタイルのぶつかり合い。
長崎県の方がいい場面をたくさん作るものの、石川県GKさんやゴールポストさんのファインセーブもあって、フィニッシュが決まらず。
逆に石川県はカウンターからサイドを使い、少ないチャンスをモノにして勝利をもぎ取りました。
ちなみにすぐ近くに長崎県選手団のおぢさま方がいらっしゃって、長崎弁まるだしの励ましやら野次やらを飛ばしっ放し^^;
あと、長崎県の14番の原田武男選手(元横浜フリューゲルス~大分~福岡など)は、とても41歳には見えない無双ぶりでした。

1試合目までは雨が降らずに済んだのですが、1試合目終了と同時に雨雲がアップを始めたようで、降ったり止んだり。
そして2試合目の前半25分くらいからはとうとう本降りに。
なので仮設スタンドから撤退して、藤棚?の陰で何とか雨をやり過ごしながらの立ち見となりました^^;
そんなコンディションもあって、岐阜県も栃木県もお互いやりたいことがなかなかできていない感じにも見えましたが、
残り20分というところで岐阜県が先制してからは終始岐阜県ペース。追いつきたい栃木県はペースを上げきれず、でした。

ちなみに台風接近中ということもあって、国体会場名物の炊き出し類は一切無かったのが寂しかったですね^^;
それでも飲料無料提供があっただけまだ良いほうでしょうか。

とまれ、愉しかった「はじめての国体観戦」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

蹴鞠観戦2012(7)

無料で入場できて、しかも屋根の付いたメインスタンドど真ん中で熱戦が観られるんですよ奥さん!(挨拶)
残暑も厳しい今日この頃ですが、小旅行気分と蹴鞠観戦のために、外出してきました!

2012082513580000   

第17回愛知県サッカー選手権兼第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会愛知県予選決勝@名古屋市港サッカー場
FC刈谷 1-1(前0-0) PK4-3 マルヤス工業

東海社会人リーグでも鎬を削る両雄による、愛知県代表決定戦でした。
さすがに今回ばかりはスタンド開放するだろうと軽い気持ちで出かけたのですが...

2012082514220000 2012082515010000 こんなに観客の多い港サッカー場は初めてでしたよ^^;;;

メインスタンド中央の屋根の下=日陰になる箇所は、ほぼマルヤス工業応援団の皆様が占拠してまして(笑)
勝てば天皇杯初出場となるマルヤス工業は、この日のために動員を掛けていらっしゃいました。
応援受付窓口も設けられてまして、飲み物・タオル・メガホン・メンバー表がセットで配布されてて羨ましかったです(爆)
他方、FC刈谷サポーター諸賢は、こんなAway状態だからこそでしょうか、スタンド北側の日差しの強さも何のそのの燃え上がりっぷりでした。

この両者の対戦では、つい1ヶ月前に東海社会人リーグでHomeのFC刈谷が痛恨の逆転負けを喫しており、
しかもこの暑さも相まって、FC刈谷がどんなプランで臨んでくるかと思ってましたが...
前半はマルヤス工業が繋いで走ってのいつもの形を出してきて、決定機を再三作るのですが得点に至らず。
他方、FC刈谷は再三「ボールを持たせろ」という指示を出してまして、どうやらカウンター狙いに徹するというプランだった様子。しかもそのカウンターからの決定機もあり。
すると後半開始早々からしばらくは一方的なFC刈谷ペース、そんな中でCKの流れからきれいなクロス~ヘッドで刈谷が先制。
しかしこの直後から逆にマルヤス工業が逆に攻める展開になり、PKで同点に。
その後は暑さでお互いプレスが緩んできたせいか、互いに決定機を迎え、1度は混戦からマルヤス工業が押し込んだ...と思ったらオフサイドの判定。

結局両者決定機を決めきれないまま延長戦に突入し、延長戦ではさらにお互いへとへとになって膠着状態でしたが、この暑さでは致し方なく...
とうとう最後はPK戦にもつれ込み、2人が外してしまったマルヤス工業に対して、FC刈谷は全員が決めて、この長い戦いに終止符を打ちました。

ちなみにワタクシメ、FC刈谷の観戦6試合目にして初の勝利を目撃するということに^^;
でも今まで観てきた中では、このゲームがもっとも「ニオイのする」ゲームだったと思います。

なお、FC刈谷は天皇杯緒戦を突破できれば、2回戦はJ1の名古屋グランパスと、何故か福井テクノポートで^^;;; 愛知ダービーの予定です。
ダービー実現なら福井まで行ってもいいかなあ...(え)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

蹴鞠観戦2012(6)

無料で入場できてボールボーイ体験まで付いてくるお得な会場です(挨拶)
暑い日が続いておりますが、エアコンのきいた室内にこもりっぱなしでもリズムが狂いますので、思いきって外出してきました!

P2040753 

第47回東海社会人サッカーリーグ1部 第10節@名古屋市港サッカー場
マルヤス工業2-3(前0-2)FC鈴鹿ランポーレ

先月に引き続いての東海社会人リーグ観戦でした。そして昨年に続いてやはりピッチレベルからの観戦となりました(笑)
Jリーグ創設当初は名古屋グランパスがホームゲームを開催していたスタジアムなのですが、観客席を開放するかしないかで使用料が倍も違うんでは(爆)

三重県からJリーグを狙う鈴鹿ランポーレと、あくまでも企業の同好会として活動するマルヤス工業という、対照的なチーム同士の対戦。
最初は小気味よくパスを繋いで走って、のマルヤス工業が押す展開だったのですが、前半残り10分から鈴鹿が個人技を絡めて立て続けに2点を挙げ、
さらに後半にマルヤス工業に退場者が出て、その直接FKを鈴鹿がねじ込む展開に、
こりゃもう勝負は決まったよな今日はただでさえ蒸し暑いんだし、なんて思っておりました。駄菓子菓子(お約束)

それでもあきらめずに自分たちのサッカーを遂行するマルヤス工業が、「ちょっと緩んだ」感の出た、1人多いはずの鈴鹿を押し戻し始めまして。
すると脚が止まって最終ラインがもたつき始めた鈴鹿のスキを突いて、マルヤス工業が2点を挙げて残り5分の段階で1点差に。
そこから試合終了までの10分弱は、どっちが1人多いんだ?というマルヤス工業の猛烈な攻撃が続きましたが、最後のループ気味のシュートはバーを叩いて得点ならず。
試合後、鈴鹿サポの皆様は一様に「生きた心地がしなかった...」と述懐しておられました^^;

負けはしましたけど、マルヤス工業は実に小気味よいサッカーをしてました。これだから観戦は止められないのでございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

棒球観戦2012(1)

初めての東京ドーム、初めての都市対抗野球(本選)でした(挨拶)

P2040686  

第83回都市対抗野球1回戦@東京ドーム
倉敷市・福山市(JFE西日本)7-5日立市(日立製作所)

出身地北九州には、JR九州と新日鐵八幡という名門がありまして、社会人野球はちょいちょい観に行ってたんですが、さすがに全国大会となるとなかなか...
そしてもちろんプロ野球も好きなんですけど、東京ドームにはなかなか縁がなく...
という状況を一石二鳥で解消できる素晴らしい体験でした。

ゲーム自体も8回裏の時点で決まったと思ったんですが...9回表裏は当に野球の真髄の一端を見た気がしました。いやもう大満足です。
そして東京ドーム名物?出口専用扉の猛烈な風圧も体験できまして、からくり追い風ドームそのものも楽しめた時間でございました(笑)

P2040685_2 P2040687 日立市(左)と倉敷市・福山市(右)の応援席
社会人野球ならではの動員が掛かった応援風景、日立市はバス50台以上を連ねての応援だったそうです^^;

今季はあと1試合くらいは棒球も見ておきたいですねえ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧