« 越中飛騨珍道中(3) | トップページ | まっしろけ・'12-'13冬 »

2012年12月 9日 (日)

越中飛騨珍道中(4)

初雪が降った岐阜県西部からお送りしています(挨拶)
福岡や大阪に比べると、岐阜って寒いなあと思うのですが、飛騨や越中はこんなんじゃ済まないんですよね^^;
さて、遅れに遅れて鮮度なんてどこへやらの珍道中記ではございますが、今回が最終回でございます!

バスに揺られて、5年ぶりの猪谷に着きました。
5年前の災害不通区間を通る高山方面への普通列車の発車までは約1時間半の待ち時間がありました。
ということで、まず駅周囲を歩いてみたんですが...人通りはないわ駅前の店も閉まってるわで、そそくさと駅舎に戻りました(爆)

その間に、富山で買っておいた、冬季限定のブリのすしでお昼ご飯。食べるのは今回が初めてでした。
ますのすしに代表される、富山ならではの笹の葉に包んだ押し寿司なんですが...

P1000433 脂の乗ったブリが厚くて食べ応えが!そして向こうが透けて見えるほど薄い大根がいいアクセント

一口食べて、これはじっくり味わうべきだと思いましたが、ついがっつく自分を抑えるのに苦労しましたな^^;;;
富山で買ったときは、冬季限定というコトバに乗せられたと些か後悔したんですが、そんなのどこへやら(爆)
なお、ますのすしやブリのすしは、富山だけでも10軒以上が競う名物だそうで、食べ比べセットなんてのもあるそうです(笑)

ブリのすしを味わってもまだ30分くらいありましたので、猪谷駅を撮影。
6年前まではここから神岡へのローカル線が出てたんですが、その面影はもうほとんど残ってませんでした...
1時間半の待ち時間の間に、富山行きと名古屋行きの特急が1本ずつ停車してましたが、乗降客は合せて2人。ううむ。

P1000437 P1000434 P1000440

そうこうしてたら、寒いホームでうろうろしてるワタクシメを見兼ねたのか、
ホームに停まっていた高山方面行きの列車の客扱いを少し早めてくれました。ありがとうございます(爆)
そして、高山方面行きの列車に乗り込み、5年前に乗れなかった災害不通区間を走ります。

P1000441 P1000448 P1000450 Img_3244 P1000460 P1000456
5年前は雪が積もった駅舎に入ってホームから沿線を眺めるだけでしたが、今回は逆に車内から駅舎を眺めることが出来て感慨深かったです。
そして沿線の紅葉の美しさと、5年前の代行バスが走った国道360号の酷さも、しっかり堪能しました(笑)
猪谷を出てから約1時間強で、だいぶ日が傾いた高山に到着。まずは投宿先へ荷物を置いて、少しだけ高山市街を散策がてら酒肴と甘味を調達。
陽が落ちてからぐっと冷え込んできたところで宿に戻り、温泉に浸かって暖まって、からの。

P1000466 富山の笹寿司(ます・さばなど)や飛騨牛焼き(たこの代わりに飛騨牛)をアテに地ビール

ほろ酔い加減になったところで、もう1度温泉に浸かったら、疲れもあったのか即就寝でした。
そして翌朝。この宿を薦めてくれた知己も絶賛の朝ゴハンですよ!

P1000467 P1000468 飛騨牛の朴葉焼き(1枚目右上)とか高山の醸造元の味噌汁とか漬物とか地野菜とか!そらジャーのお替りもしますわ!(ぉ

結構穴場の宿のようで、食堂の両隣のテーブルはどちらも外国人観光客さんだったんですが、ウチのゴハンも要る?とか英語で聞かれてえっとその(爆)
宿の女将さんからは、食べてくれて嬉しい、という社交辞令も頂きました!(駄)

大満足で宿を出て、帰りのバスまでまだ時間があるので、朝の高山市街を散策。朝市があるせいか、人通りは結構ありました。
この朝は氷点下まで下がってたそうで、コートを着ててもなお寒かったです。醸造元の味噌汁の振る舞いがありがたかったですわ^^;
お店も朝から開いているところが多かったので、ちょいちょいお土産を買ってみたり。岐阜までは車で出てきたので、地酒の試飲が出来なかったのがちと残念でした...

P1000469 P1000473 P1000474 P1000475 P1000476

程よき時間でバスセンターに出て、岐阜行き高速バスに乗車。またしても左側最前列席で、岐阜まで帰ってきました。
岐阜でバスを降りたらコートを脱いでも汗が出ました。恐るべし飛騨、恐るべし岐阜県^^;

越中飛騨珍道中、これにて一件落着でございます。お付き合い頂きありがとうございました(拝)

|

« 越中飛騨珍道中(3) | トップページ | まっしろけ・'12-'13冬 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越中飛騨珍道中(4):

« 越中飛騨珍道中(3) | トップページ | まっしろけ・'12-'13冬 »