« 蹴鞠観戦2012(8) | トップページ | 蹴鞠観戦2012(9) »

2012年10月14日 (日)

伊予瀬戸内珍道中(3)

先週末の眠りの深さと寝起き時のスッキリ加減は素晴らしかったんですが(挨拶)
車を使わない旅だと歩くことが多いので、体も程よく疲れるからでしょうか...だったら普段から(略)って話ですが(ぉ
珍道中は松山を後にしてもう少し続きます!

チェックアウトが済んで、さてこの後どうする?という段になりまして。
ご一緒させて頂いたこちらは、ゆっくりと朝を過ごされつつ、きちんとプランニングもされておりまして^^;
今治へ出て、ご当地グルメの焼豚玉子飯を頂くことになり、まずはJR予讃線普通観音寺行きで今治へ。

Img_2945_2 Img_2949 Img_2951 Img_2954 Img_2948 
一番左の写真の車両の1両単行で、今治まで1時間、観音寺まで3時間かけて走りますが、トイレなしなのはどうなんだろう^^;
予讃線の松山以東はほぼ海沿いを走ります。10年ぶりくらいに乗る区間なので色々懐かしかったです。
国鉄連絡船の仁掘航路の玄関口だった堀江駅の駅舎がなくなって、貨車の待合室になっていたのは時の流れですかね...
あと、今治まで1時間掛かるからおやつが要るとか何とかで、色々買い込んでいたあほが1名いますが気にしないでください(ぉ

今治に着いてから、こちらに下調べ頂いた焼豚玉子飯の発祥とも言われる中華料理店へ徒歩で。
道中で「時間があったら大三島に渡って大山祇神社に行ってみたい」との話が出て、バスまで1時間あるし大丈夫でしょうなんて言ってたです、が。

Img_2955 Img_2958 Img_2956
お店はごらんの大盛況で。この後さらに車が増えて駐車場は満杯になってました...
入店に15分、注文した焼豚玉子飯が来るのに20分くらいかかりましたけど、焼豚は分厚くて柔らかくジューシーで、目玉焼も絶妙の火加減で美味でした。
賄い飯から始まったそうなんですが、ソース味なのが少し意外でした。
焼豚玉子飯についてきた小エビの天ぷらも美味しく、中華料理店だしってんで一緒に頼んだ酢豚がこれで\500は安いだろうという一皿でした。

で、焼豚玉子飯が出てくるまでの間に、大三島行きについて協議しまして。
今治駅まで戻ってたらバスに間に合わないので大三島往復は厳しいし、途中の大島か伯方島で折返してしまなみ海道の気分だけでも...
となりかけたのですが、こういう時にだけ公共交通好きの血が騒ぎまして(笑) 
この手のバスはJRから見えた県病院あたりに停まるんでは?と思って調べたらビンゴ。
お店から県病院までもそう遠くはないのでは?とタクシー会社に問い合わせたら、10分弱で\1000くらいとのこと。
というわけで食べ終わってからはタクシーで県病院へ!運転手氏からは地元民の焼豚玉子飯評を伺いまして、奥が深いと感嘆したり(笑)
県病院には大三島行き発車10分くらい前に着いて、ふははは完璧じゃないか明智君!てな気分だったのです、が。

Img_2970 Img_2971 Img_2980
実際に大三島行きが来たのは定刻から14分遅れというナイスなオチが(爆)
ともかく大三島行きに乗り込んでしまなみ海道を愉しみつつ約1時間で大三島に、そしてしまなみ海道を下りてから神社まであと少しのところで渋滞でさらに遅延。
何事かと思ったら、大山祇神社とその周辺でお祭りの最中だったのでした。そう言えば秋祭りの時季ではありますよねえ.

Img_3001 Img_3002 Img_3004 ..
ともあれ無事大山祇神社に到着。こちらは初めて、ワタクシメは4年ぶり...とは言え4年前は境内は改築中だったので、本来の姿を見るのはこれが初めて。
さすが3連休の中日でけっこうな人出で。あと、神社で何か祭事が執り行われる前だったようで、神官さんや巫女さんたちが準備に大わらわでした。
さて、本来なら神社周辺で小1時間過ごせる予定がバス遅延で30分程度に。
こりゃ周辺の観光までは...ということで、道の駅でしまなみ海道産フルーツの生ジュースを。これまた美味でした。

Img_3012 Img_3018 Img_3027 Img_3038_2
そして乗ってきたバスの折返しの今治経由松山行きバスに乗り込んで大三島を後に。往路とは逆側が見える席をゲットして再び車窓を愉しみました。
復路は遅延も無く^^;定刻で今治駅到着。松山まで戻ってから夜行バス(!)で東京へ戻るこちらとはここで解散。
今回もありがとうございました!またよろしくお願いいたします(私信)

P1960198
今治からはJRで本州へ。待ち時間に駅でお土産を物色してたら、ご当地ゆるキャラやら、地元の甘味やらが...そしてこの手の罠には簡単に捕まるワタクシメで(ぉ
地鶏料理を教えてくれた松山在住の友人オススメのこの饅頭や、この饅頭を買ってみましたが、どちらもツボに入る美味しさ。次の愛媛行きのマストアイテムです!
ゆるキャラグッズは通販もありますのでみなさまも是非。

Img_3039_2 Img_3040 Img_3046 Img_3064
今治からは特急で岡山へ。JR四国の特急電車に乗るのは初めてで楽しみでしたが、さすが看板列車という乗り心地。
瀬戸は日暮れて夕波小波♪な風景も愉しめて、大満足の2時間でした。

P1960208_2 P1960209 P1960210_2 P1960211  
岡山では、岡山在住の友人にお付き合い頂いて、呑んべな時間を。
以前にも行ったワインバーや、地元向けのお店で酒肴と四方山話を愉しみました。写真を撮るのを忘れるくらい愉しかったです。
急なお呼びたてにも拘らずありがとうございました!またよろしくお願いします(私信)

翌朝は岐阜へ戻るばかりでしたが、さすがに旅の疲れが残ってるな...ということで大人しく新幹線で米原まで飛んで、あとは在来線で帰ってきました。
以上、伊予瀬戸内珍道中の一席、皆様お付き合い頂きありがとうございました!

|

« 蹴鞠観戦2012(8) | トップページ | 蹴鞠観戦2012(9) »

コメント

尾道~今治間のバスは探訪するたびに寂しくなっていくのですが、
どんな感じでした?
そのうち県境を渡らなくなるのでは‥とも心配しています。
(ま~そのときは、道の駅からPAまで海の上を歩くだけやけど Hi)

投稿: たら | 2012年10月17日 (水) 01時07分

全般的に減便傾向ではありますかねぇ...>バス
尾道~向島・因島、今治~大三島、の基幹系統はじりじりと。各(元)離島内島内バスは着実に(爆)

でも、のぞみが停車する福山市の求心力は大きいんでしょうな。
すれ違う今治~福山系統は空気輸送ではなかったんで、県境越えは当面無くならないと思います。

ただ、四国側~尾道の流れは着実に落ちてますね。
直通がなくなるわ、因島大橋での接続も減便に伴ってちょっと悪くなってる感じがあります。

投稿: 8991 | 2012年10月17日 (水) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180247/55885941

この記事へのトラックバック一覧です: 伊予瀬戸内珍道中(3):

« 蹴鞠観戦2012(8) | トップページ | 蹴鞠観戦2012(9) »