« 信州飛騨珍道中2012(2) | トップページ | 伊予瀬戸内珍道中(0) »

2012年10月 4日 (木)

信州飛騨珍道中2012(3)

2日めまで書いたんで一気に行きます(挨拶)
何かここで止めちゃうと結局書かなくなるんじゃないかという気がするので(前科あり(え

さて信州を堪能してからの安房峠越えで岐阜県奥飛騨、最終日はもう1つのメインイベント若さでアタック乗鞍岳ですよ!

<3にちめ>
乗鞍岳はマイカー規制が掛かっておりまして、長野県側岐阜県側にある駐車場からバスに乗ることになります。
ご一行様が宿泊したのは、その岐阜県側の駐車場が目の前という宿だったのですね。
乗鞍往復後に安房峠を越えるのは旅程がしんどそうだし、バスは混雑するだろうし、雨天時の派手な間引き運転も心配だし、という次第で。
そして寝る前にご一行様揃って、翌朝晴れてますようになんて神頼みをしたんですが、その結果はというと。

Img_2586 Dsc01046 はい見事な快晴で!日頃の行いですよね(え?

快晴を喜びつつ朝ゴハン、山登りだってんで皆様少々多めにお召し上がりでした。

Dsc01043 左上の朴葉味噌にやられてワタクシメは3杯飯でしたが(またかよ)

さてゴハンの後は身支度をしてチェックアウト。
そして速やかにお宿の目の前のバスターミナルから、標高2,700mの乗鞍畳平まで、高低差1,700mを45分かけて登っていきます。

Img_2588 Dsc01048 Dsc01051 Img_2595 Dsc01057

朝早くて人もそこそこ乗っていたせいもありますが、いい景色を観るのと撮影に夢中で無口になるご一行様でした^^;
途中道路工事による片側通行が数ヶ所あったため、5分ほど余計に掛かりましたが、快晴の乗鞍畳平に到着でございます!

Img_2625_2 656746723 Dsc01089 Dsc01096_2 
「いやいい景色だねえ!」「しかもこの快晴」「これだけでも来てよかったですなあ」「甘栗の袋も膨らんでるしね!」「そこ?」

Dsc01062 思わずパノラマ撮影を試してみたくもなりますわ(笑)

登る前からテンションがアゲアゲのご一行様ではございましたが、落ち着いたところでさて山登りですよ!
と言いながらそこはこのご一行様、今回の一番の目的地は朝日岳や剣ヶ峰ではなく...

Img_2642 Img_2648 コロナ観測所(左)と東大宇宙線研究所(右)だったりで

どちらも中まで入ることが出来なかったのは残念でしたが、特異な建物やアンテナを拝んだことでまずは満足しました。
その後、せっかくだからもう少し山登りもしましょうよってことで、散策しつつ富士見岳へ。

Img_2646_3  Dsc01070 Dsc01071_2
山小屋に立ち寄って登山気分を盛り上げるご一行様、そして「記念だから!」とか言いながら特製ソフトクリーム(ブルーベリーヨーグルト)に手を伸ばすあほが約1名(ぉ

656776823 Img_2657  Dsc01080
富士見岳からも十分眺望を楽しめたんですが、惜しむらくは富士山の方向にガスが掛かってて、どれが富士山かを特定できなかったのが些か心残り^^;
ちょうどご一行様が富士見岳山頂に着いた直後に団体様が複数ご到着でちょっとした混雑に。そして、暫しの間、団体様方相手にカメラマンをやりました(笑)
そんな皆さんも交えつつ「富士山はどこだ?」を鳩首協議したのですが、やはり結論は出ませんでした(ぉ

山登り気分を堪能して畳平へ戻り、帰りのバス発車まではちょっとした畳平観光を。

Dsc01091 Dsc01093 Dsc01094 Dsc01088
乗鞍神社に参拝したり、乗鞍の郵便局(!)から家族や知己へお手紙を出したり、社会実験で来ている日産リーフを拝んだり

そしてバスに乗り込んで駐車場まで1,700mをゆっくり下ります。

Dsc01098 Dsc01101 Dsc01103 下山もまた絶景の連続

駐車場まで戻ってくると併設のコスモス畑が満開ですよという案内があったので、そちらも覗いてみました。

Dsc01113 Dsc01112 Dsc01114 冷やしトマトも美味しかったですよ(ぉ

さて乗鞍を堪能した後は帰路につくわけなんですが、せっかく飛騨まで来たんだからここには行っとかなきゃ!ってことで(前回はこんな感じ

Dsc01117  Dsc01123 Dsc01124 自家製生ハムと飛騨牛料理に舌鼓でございます

さらに飛騨に来てんだから温泉も!ということでこちらへ。内湯もよかったんですが、源泉のまま加温してない外湯がツボでした...

Dsc01129 Dsc01130 中はこんな感じ、地元の牛乳が地元価格で置いてあったのもポイント高し

飛騨牛と温泉も堪能したのであとはホントに帰るばかりなんですが、お土産購入と休憩と解散地の決定を兼ねて道の駅へ。

Dsc01140 Dsc01139 ラムネを開けるのに苦労した挙句に半径1.5m圏内に噴射させちゃった人がいて大ブーイング(ぉ

道の駅を出発したあとは、飛騨に別れを告げて東海北陸道を一路南下、岐阜羽島駅を目指します。

Dsc01144 Dsc01145 Dsc01150
休日夕方お約束のひるがのSA付近の渋滞も、始まった直後だったので予定よりもあっさり通過。
しかし尾西IC~一宮JCTの渋滞が予想以上だったので、尾西ICで降りて愛知・岐阜r18で羽島へ。結果、予定よりも1時間早く到着できました^^;

Dsc01152 羽島に停車する貴重なN700系の東京行きひかりに乗り込むご一行様をお見送りです

ところで。帰宅して風呂に入った後で何気なく道路交通情報センターのホームページを覗いてみると、「高鷲~白鳥 事故で通行止め」の報が...
おいおいと思いつつ荷物整理をしていたら、珍道中に持ってったデジカメが出てこず、おいおいおい...
デジカメは1週間後にムーヴ坊の後部座席付近から発見されたのですが、中のmicroSDカードの読取りが出来ずで、おいおいおいおい(爆)
旅の締めくくりも忘れないあたり、89場さまったらもう律儀なんですから。お後がよろしいようで!

と、言ったところで、今回の珍道中、終了でございます。
相変わらずだらだらした文にお付き合い頂き、ありがとうございましたm(_ _)m
今回もありがとうございました、またどこか行きましょう!(私信)

|

« 信州飛騨珍道中2012(2) | トップページ | 伊予瀬戸内珍道中(0) »

コメント

ラムネを標高2800mで噴射させたらよく飛ぶんだろうなぁ~

投稿: たら | 2012年10月 9日 (火) 21時36分

山小屋には炭酸飲料を置いてなかった覚えがございますが、もしかしてそういうことなんですかね?(ぉ

投稿: 8991 | 2012年10月10日 (水) 22時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州飛騨珍道中2012(3):

« 信州飛騨珍道中2012(2) | トップページ | 伊予瀬戸内珍道中(0) »