« はじめての国体観戦 | トップページ | 信州飛騨珍道中2012(2) »

2012年10月 2日 (火)

信州飛騨珍道中2012(1)

ちょっと新鮮味が落ちてますが(挨拶)
珍道中直後に持ってったデジカメを紛失してしまい、ようやく発見されたと思いきや中のmicroSDがお亡くなり、
などという89場さま絶好調極まりない事態になってしまって、記録が延び延びになっておりました^^;
道中記で使用している写真は全て、ご一行様方からご提供いただいたものです。ありがとうございます(私信)

ここ数年、物語の舞台またはモデルとなった土地に実際旅をする「聖地巡礼」というものが人気でございまして。
その火付け役になったとも言われているこの作品が、今年で放送から10周年を迎えることに。
それを記念して、モデルになった街にお住まいの方を中心とした有志でこんな催しが行われ、地元紙にも取り上げられるほどに。
また、モデルの街のある長野県中信地方や、乗鞍岳を隔てて接する岐阜県奥飛騨地方には、ちょい ちょい 珍道中を敢行しておりますが、
乗鞍岳の近くまでは行くもののいつも遠くから見るだけなので、いつか実際に行ってみたい!という話が長年くすぶっておりました。
そこで、いつものご一行様で、その催しに引っ掛けて、この地域で珍道中を...という企みがまとまりました。
じゃあ9月3連休でという話がまとまった折も折...

まず、ご一行様の1人が、勤続記念休暇を行使して、北東北&道南地方を1人旅してから珍道中に合流することになり。
さらに、中信地方にいるワタクシメの遠い親戚で仏事が発生し、3連休初日の仏事には、中信地方に一番近いワタクシメが出る話になり(爆)

開始前から色々とネタだらけの今回の珍道中の一席、始まりでございます!

<1にちめ>
今回の珍道中は、岐阜県で集合して岐阜県で解散するという計画だったので、ウチのムーヴ坊を登板させることに。
そして3連休前日夜には中信地方にいなきゃならんので前日午後休を取得し、昼休み突入後速やかに離脱して、集合場所の岐阜県は垂井駅へ。
なぜ垂井かというと、大垣では高速道路が少し遠いのと、垂井駅そばの美味いパン屋で腹ごしらえをしたかったからで(笑)
と、ご一行様各々が垂井へ向けて動いていると、垂井到着寸前にゲリラ豪雨に見舞われるあたりが既に(略)

Dsc00803 合流直後の車内「最新鋭機のシェイクダウン素材がオイラですか」「アナタがいきなり雨を呼びましたから」「やっぱり」「えええ」

Dsc00805 パン屋でしこたま買い込み、ご一行様の総量はこの3倍以上でした(誰のせいだ

車中でmgmgしながら名神~東名~中央道で一路信州へ。
途上で運転手交替をしたり、中央道の上り坂でアクセルベタ踏みの刑に処せられて騒ぎになったり、ナビに騙されかけたりしましたけどね(ぉ

Dsc00807 途中休憩のPAにて、撮影中に何の気配を感じたのかお目覚めになられた猫さま

この日の目的地であるお宿は、お話の舞台になった湖のそばで。この日はまだ空きがあったそうですが、連休中は満室だったとか。
予定よりも若干早めに着いたので、湖を1周してみたりしました。

Dsc00818 Dsc00819 もう少し明るいと良かったんでしょうがこれはこれで

Dsc00826_2 Dsc00827
お宿には製作陣や出演者の皆様もたびたびご来訪の由、またNHKの旅番組でも取材があったとか

Dsc00825 旅の愉しみは晩ゴハン、信州サーモンやら自家栽培の野菜やら、美味しゅうございました

ゴハンの後は温泉に浸かって骨休めしながら、翌日の計画を練ったり、ご一行様の北東北&道南1人旅の話などなど。
道南に入った日は大雨で列車が大遅延(ワタクシメんとこに情報収集要請の電話が来たくらい^^;)したり、
その夜にはこんな事故があったそうで、道南旅行を縮小せざるを得ず、一時は道南から出られないかもという感じだったそうで。

Dsc00389 Dsc00393 その大雨で50分遅れの先行のトワイライトエクスプレス

Dsc00414_2 Dsc00418 貨物列車事故発生直後の函館駅の案内^^:

Dsc00506 Dsc00511 Dsc00517 Dsc00526 Dsc00528
くやしいので翌日に事故現場までバスで赴いて様子を見てきたそうです^^;

Dsc00623 Dsc00642 何とか代替バスと臨時列車を乗り継いで本州に戻ってこれたそうです^^;;;

「89場さまやりすぎですよ!」「いや電話が掛かってきた時は何があったのかと」
「その上に貨物列車まで...」「そして大動脈を止めちゃうもんなあ」「いや89場さまはこんなに救いのないことはしないよ←」

翌日以降の旅の話はまたおいおい。

|

« はじめての国体観戦 | トップページ | 信州飛騨珍道中2012(2) »

コメント

まだ執筆途中ではあられますが、なにこのワクワク感をそそる筆致・・(^o^)

過去10年以上の珍道中を出版したら売れるのではという妄想が沸々と。
※ジャンルは2次元ノンフィクション旅サスペンス
※初回限定版は道中の動画ディレクターズカット版つき(=89場シーンだけ)
※予約すると89場さまブロマイド進呈。ア○○イトとゲ○マ○ズで絵柄違うよ!

投稿: たら | 2012年10月 3日 (水) 22時01分

平素より、そして今回も、大変お世話になっております(平伏)
とりあえず珍道中記を脱稿いたしましたが、多少なりとも面白がって頂ければ幸いでございます。

珍道中はコメディだと思ってるんですが、同行の皆様におかれましては、やはりサスペンスになっちゃうんでしょうか...
あと、その初回限定版と特典は罰ゲームよりもヒドイと思いますが如何で?(ぉ

投稿: 8991 | 2012年10月 4日 (木) 22時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州飛騨珍道中2012(1):

« はじめての国体観戦 | トップページ | 信州飛騨珍道中2012(2) »