« 信州珍道中2012(1) | トップページ | 蹴鞠観戦2012(4) »

2012年4月12日 (木)

信州珍道中2012(2)

やる気が消えないうちに先に進めます!(挨拶)
珍道中って書くと長くなるので書くほうも読む方も誰が得するんだ自己満足だけが頼りでして!(ぉ

Img_1887 塩田平を望む@別所温泉
昨日載せ忘れてましたが、別所温泉からは上田市を中心とする塩田平が一望できます。
雲がある夕方でこれですから、夏の晴天なんかだったらそりゃもう!

上田→長野とまたしなの鉄道で移動しまして、長野に着いたのが夕飯時。
で、長野で晩飯を食べるなら、以前から気になっていたこの系列のお店に、と思いまして。
土曜の夜に予約無しで入るのは厳しいだろうと思っていたら意外にもOKでして。

Img_1889 豚肉料理(鶏唐揚げもありますが^^;)の数々@豚のさんぽ長野店
いやもうどの料理も大変美味しくて、割かし食べる2人が結構がっつり食べた割にはリーズナボーなお値段で。
今度は松本か大町のお店に行ってみたいです。
で、案外お安く上がったこともありまして、せっかく信州に来たんだからちゃんとした蕎麦でも...と2軒目へ(笑)

Dscn8174 Img_1891 蕎麦屋で一杯@ぼっち
長野駅から徒歩5分圏内でお酒が呑める蕎麦屋で適当にぐぐってみたお店でしたが、どうやら当たりを引いたようで。
須坂の蔵元の生酒を戴いて、最後はざる蕎麦で〆た次第でありました。

で、このまま長野で1泊...ではございませんで、翌日の蹴鞠と&朝飯の旨いホテル目的で松本へ移動。
夜遅いんで普通列車でのんびり姨捨を越えていくわけでして。

Dscn8178 善光寺平を一望@姨捨駅
日本三大車窓の1つである姨捨を夜に越えるのは初めてだったんですが、いやはや良いもんですね。
もっとも良いことばかりではありませんで、姨捨から先では対抗列車行き違いのためどんどん遅延していってましたが^^;

結局22時過ぎに松本駅についてそのままホテルへ転がり込みました。
そして翌朝。

Img_1901 ホテルの朝食(バイキングなんですよ奥さん!)
以前もネタにしましたけど、ここで1時間食いっ放しになる自信はありますともええ。
時季にもよりますけど、この朝食が付いて一葉さんからお釣りが来るんですよう...

朝食を堪能した後は再び松本駅へ戻りまして、もうしばらく鉄分補給が続きます。

Dscn8187 アルピコ交通上高地線@新島々駅
後輩さんは今回が初乗車、ワタクシメも晴れた日に乗る&松本→新島々と乗るのは初めて(笑)
元東急のカルダン駆動車が何ともいい味出しております!

新島々を往復してちょっぴり山岳気分を味わった後は、塩尻まで飛んで中央本線(旧線)へ。
なぜ旧線かというと、後輩さんは塩尻~辰野が、ワタクシメは辰野~岡谷が未乗車だったからです^^;

Dscn8196 辰野行き@塩尻駅
塩尻~辰野は飯田線直通を除いてはこの荷物車改造車が行ったり来たり。車窓といい車両といい風情しかない満点です。

Dscn8202 @辰野駅
いやちょっとそれはさすがにどうなんすか(爆)

で、辰野では飯田線からの岡谷行きを1時間待つ予定でしたが、時刻表を見たら、間もなく来る豊橋行きで飯田線を数駅行って戻ってきても大丈夫と判明。
そしてやってきたのが...

Img_1907 豊橋行き@沢駅
飯田線に転換クロス&LED表示車ですか!?ということで気分だけでもと乗ってみました。これで豊橋まで行けるなら快適そのものですよね...
ちなみにこの列車、以前予告無しに人のローカル線ぶらり旅に乱入した時に城西駅から乗ったスジだったりします(笑)

Dscn8205 岡谷行き@沢駅
数駅で折り返して帰りの列車も313系。ただしこちらは固定セミクロス車です。
ちなみにこの列車、やたらと車内無線が飛び交ってましたけど、何があったやら...?

Dscn8207 Dscn8212 屋代線営業最終日の記事@信濃毎日新聞
お名残乗車は極力営業最終日は外しましょうなんて言い合う混みっぷりだったんですが、あの後はさらに凄かったようで...^^;;;

そして後輩さんとは岡谷で解散。彼は上諏訪へ出てスーパーあずさで新宿へ。ワタクシメは中央本線新線経由で松本へUターンして蹴鞠観戦へ、なのでありました。
ちなみに今回の珍道中ではこのきっぷを利用しました。私鉄や3セクもだいたいOKで今回は大いに役に立ちまして。乗りつぶしを企まれる方はご一考を(笑)

といったところで信州珍道中、今回はこれにて。
【オマケ】今回の写真は半分以上は後輩さん持参のカメラによる画像です。ワタクシメのカメラの画像はブレブレなものが多くて...手ぶれ補正欲しいなあ(爆)

|

« 信州珍道中2012(1) | トップページ | 蹴鞠観戦2012(4) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州珍道中2012(2):

« 信州珍道中2012(1) | トップページ | 蹴鞠観戦2012(4) »