« 上京初め2012(2) | トップページ | 上京初め2012(4) »

2012年1月29日 (日)

上京初め2012(3)

今回入れて2回くらいで終わると思います(挨拶)
89場によるダイヤ遅延に振り回されつつ烏山線完乗を終えて宝積寺まで戻ってきたところまででした。その続きです。

烏山からの列車は宇都宮行きのはずが宝積寺で運転打切りとなり、どうしようもないので宝積寺で列車を降りました。
で、再度宝積寺駅改札で問合せたところ、宇都宮以北の遅延は収束に向かいつつあるものの、以南は大宮で折り返し中とのこと。
他方、宇都宮から乗る予定の日光線は全く東北線が絡まないため定時通り運行中との由。
日光線は1時間に1本のみで、宇都宮に着いた時間次第で...となりましたが、幸い10分遅れで宇都宮行きが来たので万事解決。
結局宇都宮で30分待ちとなり、その間に駅ビルの丸亀製麺でお昼を済ませていざ日光線へ。

500069512 日光線以外は相変わらずダイヤが乱れっ放しの宇都宮駅

2012012112350000 日光行き列車 「外装だけ中途半端に観光仕様なんですよねー」「ま、通勤通学路線的性格の方が強いものね...」

2012012113040000 日光に向かうにつれて雪が強くなる中、杉並木(例幣使街道)と併走

2012012113240001_2   2012012113270000 ひたすら上りっ放して日光に到着、JRの日光駅は明治時代からの木造駅舎

この日の日光は横殴りの吹雪。オマケに積雪に路面凍結と観光にはハードだったので観光は一切せず^^; 隣接の東武日光駅へ

2012012113300000  2012012113340000 洋風の東武日光駅、明らかに人はこちらの方が多くて、駅構内の売店その他も充実の一言

東武で東京に出ることは決めていたものの、ここでどの列車にするか?でちょっと協議。
下今市から特急スペーシアに乗っても北千住まで20分しか縮まらない上に+1,400円(運賃だけなら1,370円)かー、と。
そこで、ここは大人しく特急料金の要らない区間快速で向かうことに。

2012012113350000_2 2012012113360000 乗車した区間快速(左)と、たまたま運転日の臨時特急(ただし出発は2時間後なので選択肢にならず^^;)

特急料金の要らない区間快速だけにどれだけ混むのかとどきどきしておりましたが...
日光~東武動物公園間94.5kmを2時間掛けて各駅に停まっていく上に、東武動物公園から先は速達列車も数多いドル箱区間。
結局北千住までの2時間半、ボックス席を2人で占領したまま、風景と会話を愉しみつつ、まったりと過ごせました。
北千住からはOB会会場最寄の東急元住吉駅まで、地下鉄日比谷線~東急東横線を乗り継いで1時間。こちらは混みっ放しでした^^;

元住吉には少し早めの到着となったので、前から気になっていた商店街の中のドーナツ屋さんでお持ち帰りを購入。

500223694 可愛らしい見かけですが、全粒粉に自然素材100%の美味しいドーナツでした

さて、定刻となりましたのでOB会会場へ移動。久闊を叙しつつ乾杯、そしてあとは「よろしいならば戦争だ」(ぉ

2012012118270000  2012012122390000

2012012122360000  2012012119590000 いつもながら美味しい酒肴の皆々様

2012012119230000 イカの沖漬けを2つ頼んだらこれが2瓶(笑) 1瓶は未開封で美味しくお土産に頂きました(ぉぉ

10人が後先考えずに3時間近く飲み食いして1人当たり5,000円程度でした。またお世話になります!
その後は喫茶で2次会をしてから解散。その2次会会場に行く間に先ほどのドーナツをお土産に買い求める動きがあり、20個ほど売れたみたいです(笑)
2次会後は近距離組はその日のうちにご帰宅。ワタクシメを含む遠距離組は近所のホテルへ投宿となりました。

さてあとは帰るだけ、なんですが...実はその途上でもまた。次でおしまいですが、続きは次回の講釈で!

|

« 上京初め2012(2) | トップページ | 上京初め2012(4) »

コメント

食用七輪の話は?(^^;)

投稿: うぎ | 2012年1月29日 (日) 21時57分

そう言えばそんなのありましたね...
あれどんな展開でそんな言葉が出てきたんでしたっけ?摂取に集中してたせいか全然覚えてなくてですね(爆)
どんな展開か覚えてたら間違いなくここでもネタにしたんですが(^^;

投稿: 8991 | 2012年1月31日 (火) 19時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上京初め2012(3):

« 上京初め2012(2) | トップページ | 上京初め2012(4) »