« アプト式鉄道で珍道中 | トップページ | 奥飛騨珍道中mini(2) »

2010年3月23日 (火)

奥飛騨珍道中mini(1)

南北にもとっても広い岐阜県の西の端からお送りしています(挨拶)
天気予報だと、大垣も岐阜も郡上八幡も多治見も一括りで「美濃(地方)」なんですが、んなわけあるかと声を大にして主張したいです(爆)

さて、連休2日目に、久々に飛騨に行ってまいりましたのでその道中記など。
大阪在住の某先生から、こちらに行きたい&飛騨の残り雪を観たい、と持ちかけてこられまして。
話が持ち上がってから、弊社の休出発生やら何やらで話が流れかけましたが、3連休が無事に連休になったので挙行いたしました^^;
飛騨が目的地になるのは実に3年半ぶり。県内とは言え、高山までも200km離れてるのでなかなか行かないものなんですよ...

0650 垂井駅で0750合流予定の先生からの「ただいま栗東、予定通り」の報でbootしかかるも失敗(ぉ
0715 Reboot...文字通り飛び上がりました垂井駅までは車で30分弱掛かるってのに!(爆)
0750 寮から垂井駅まで1度も信号に掛からないという幸運にも恵まれ何とか予定通り合流^^;;;
0800 垂井合流の目的であるこちらで焼きたてパンを味わいながらモーニング

Img_0930 「いつもながら美味いですな」「今日は何だか一段と美味く感じるなあ!」「ほんっとに寝過ごしたんやね...」

0840 R21→岐阜r65で関ヶ原ICから名神高速で東へ
0920 危惧していた一宮JCTでの渋滞もなく東海北陸道長良川SAで1回目の休憩 「ここまでスムーズだと何だか恐いねえ...」

 この後、北上するにつれ、美並で雨、郡上八幡で霙、ぎふ大和で雪、そして飛騨に突入して高鷲でついに雪景色に...
 「飛騨すごいねえ」「スタッドレスで良かった」「雪見はこれで満足だなあ...ところでちょっとゆっくり過ぎない?」「4000回してますよ?」

1000 ひるがのSAで2度目の休憩を目論むも駐車場満車で華麗にスルー 
   「ここには立ち寄って欲しかったんだけどな」「まあ帰りにでも、ところで吹雪になってきてない?」「気のせいです」

 この後、荘川以北で吹雪がいよいよ強まりライト点灯で走ることに、登り勾配の連続で速度が出ないのは幸いだったかも(ぉ 
 「スイマセン正直飛騨をなめてました」「今お彼岸だよ!?」「まあ予想の出てた渋滞がないだけマシか」「こんなトコで勘弁してください」

1020 飛騨清見JCTから中部縦貫道(R158)へ、R158に入ったくらいから吹雪は止みました
   「東海北陸道よりも立派で舗装もきれいなのに無料ってどういうことよ!?」「建設立県をなめちゃいけません」

1100 高山ICから岐阜r89→R158でこちらへ到着、ちなみに予定よりも1時間前倒し(笑) そして。

Img_0934 ソーセージ盛り合わせセット、ソーセージはもちろんですが、ジャーマンポテトがツボに入りました...

Img_0933 追加注文その1の生ハム盛り合わせ、これでハーフサイズですが2人ならこれで十分です^^;

Img_0935 追加注文その2のヴァイスブルスト、特製の辛くないマスタードソースとの組合せには言葉がありませんでした

Img_0937 工房内の1コマ、これ見てるだけでワインが飲めそうですな(ぉ

ゆったりとした時間をすごしてなお13時前、じゃあ奥飛騨温泉郷にでも、ということになったのですが、
その軽い気持ちがいろいろと波乱を呼ぶことになる後半戦はまた後日に。

|

« アプト式鉄道で珍道中 | トップページ | 奥飛騨珍道中mini(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥飛騨珍道中mini(1):

« アプト式鉄道で珍道中 | トップページ | 奥飛騨珍道中mini(2) »