« 奥飛騨珍道中mini(1) | トップページ | あどえす君電池南無・・・ »

2010年3月26日 (金)

奥飛騨珍道中mini(2)

昼に霙が降っていた岐阜県西部からこんばんは(挨拶)
菜種梅雨ならまだしも、桜もそろそろ咲き始めてる時節にまだスタッドレスが要るんですかねえ...?
でもここは美濃だし飛騨に比べればどうってことは!という訳で珍道中後編です(ぉ

1225 こちらの駐車場で「立ち寄り湯」「できれば源泉掛流し」「19時に名古屋着が可能な場所」で温泉を検索し、こちらに行くことに決定
        「できればもう少し奥の栃尾くらいまでご案内できると良かったんだけど...」「まあお手ごろなところで」正に!

 目的地まではR158をひたすら山に向かって進んでいくだけなんですが...
 ほおのき平スキー場を過ぎるあたりから風雪ともに強まってまいりまして。
 「いやあほんっとにスタッドレスにしといて良かったよ!」「飛騨ってすごいね...ところで無理しないで登坂車線に行こうよ」
 「これでも4000回してんだよ!?それに登坂(車線に)行きたいけど路肩に雪積もってて入る気になれないんだってばさ」

1245 平湯トンネル手前でキューブ君搭載のHDDナビ(2003年製)は岐阜r5へ行けと言うのですが冬季通行止めでどうしろと(ぉ
     「いいジョークだなあ」「雪で埋まってんだから通行止めゲートなんて要らないんじゃね?!」

1255 そして平湯トンネルを出てからは下り坂なんですよね(爆) 弊社はずっと運転手だったため風景をお見せできないのが残念です(笑)
     「何この地吹雪」「センターライン確認すら一苦労だよ!しかも下り坂だしさ!40km制限以上出す気にもならんて!」「あ、今-6℃って」「え」
   いやもう安房峠道路料金所の交差点が見えた時はホッとしましたよ...
   
1310 温泉に到着、とにかく寒かったのでまずは洗い場に直行...でも体を洗ってある程度暖まると露天風呂に行きたくなる不思議(ぉ
     「いやあ温泉はいいねえ!」「寒いときの露天風呂も乙だねえ...ところでこの消しゴムかすみたいなのは?」「先生それ湯の花です」
    行った先には複数の露天風呂があったので色々楽しんできましたが、屋根付きのとこが一番安心できたかな(ぉ

1350 風呂上りに休憩所(畳式、40人収容のが3箇所)でゴロゴロしながらコーヒー牛乳タイム(笑)
    入湯料¥500で数種の風呂&源泉があって休憩所を無料で使用できるってのはリーズナボーではないでしょうか。

1410 さて帰ろうかと温泉施設内の土産屋(喫茶店併設)を物色していたところ...
    「せんせせんせ、こんなのありますよ!」「ほほぅ、温泉プリンもありますか」というわけで。

2010032114200000_2_2 氷柱と吹雪を観ながら甘いものに舌鼓!濃厚なアイスと濃いコーヒーがまた良く合うんですわ...温泉プリンもグー。

1450 そろそろ帰りますかってんで折り返し。今度は平湯トンネルまでが強烈な上り坂、弊社は運転手なので(略)
    「もう登坂車線はあきらめた」「車も少ないしいいんじゃないすかね」「それに気温-9℃ってなあ」「証拠写真取りたいんで減速して下さい」
   そして天気の移り変わりはほぼ来るときの逆でした恐るべし飛騨(平湯というべきかも?)

1525 高山IC手前で給油してから中部縦貫道→東海北陸道へ、もう少し給油&トイレ休憩を粘っても良かったかとも思いましたが実はこれが正解で...

1600 今度こそひるがのSAで休憩をと目論んだら、今度は駐車場どころか誘導車線すら満杯の状況なので泣く泣くスルー。
    そしてSA通過直後に「この先交通渋滞」の文字が...「ついに来よったか」「問題はどこまでが渋滞かなんだけどねえ」

1610 高鷲IC手前でついに渋滞に...ここから先、白鳥ICまでは地道に逃げようにも逃げ道すらないという(爆)
    「だからどこから渋滞なのかと教えてくれよと」「AMの交通情報もないしなあ」「せめて事故渋滞か故障車かでも判ればなあ」
    進まない上に、このあたりはずっと4%程度のきつい下り坂なので2速+ブレーキのみで、ブレーキ踏みっぱの右足が疲れる疲れる(ぉ

1635 白鳥IC手前で渋滞から脱出,,,
    「結局何もなかったねえ」「単なる自然渋滞かい!」「いやもう飛騨恐るべしで」

1650 大和SAにてようやくトイレ休憩、そして弊社はハラヘッタなのでおにぎり燃料補給
    「まーたこの人は食い物ですか」「だって消耗したんだもの!」

  この後、岐阜各務原ICまでは各車飛ばす飛ばす...一応ここらへんは80km区間ですよ?

1730 岐阜各務原IC→R21バイパス→岐阜r77→R157で岐阜駅南口へ、この道中でR21バイパスを下りる場所を間違えてちと往生しました(ぉ
    「やっぱり岐阜市内は緊張するなあ」「そこまでする?」「うん普段こんなに人も車も多いところを走らないんだもの」「・・・」

1815 岐阜駅南口に到着、珍しく地平の送迎者用駐車場に停めることができました。
    「いやはや運が良い、と言うよりも何とか予定通りかね」「高鷲ICあたりではホントにどうなるかと...」「いやおつかれさまでした」

この後、名古屋経由でお帰りの某先生と解散、弊社は岐阜r1→R21経由で大垣に帰りました。
いやもう雪のR158とか先刻の東海北陸道渋滞に比べたらR21なんて!(ぉ

何はともあれ今回もどうもありがとうございました!(私信)

|

« 奥飛騨珍道中mini(1) | トップページ | あどえす君電池南無・・・ »

コメント

>平湯トンネル
>安房峠道路

しれっと上高地二歩手前かいっ!w

投稿: ゆ | 2010年3月29日 (月) 15時42分

実は昨年2月の関東襲撃途中にもR158を通ってるんですよね。
しかもその折は平湯はおろか安房峠を越えて松本まで行ってまして(笑)
http://bakugui2.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-9251.html

しかし今回のがその時よりも気温も低けりゃ雪も多いってのがですね(爆)

投稿: 8991 | 2010年3月30日 (火) 22時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥飛騨珍道中mini(2):

« 奥飛騨珍道中mini(1) | トップページ | あどえす君電池南無・・・ »