« 北の大地膝栗毛(2) | トップページ | 北の大地膝栗毛(4) »

2009年8月 2日 (日)

北の大地膝栗毛(3)

道東の寒いまでの涼しさが恋しい今日この頃、明日の予想が34℃らしいのですが耐えられるかなあ(挨拶)
北の大地珍道中、まだまだ続きます。

<3にちめ>
0645 起床、知床五湖方面に全国版時刻表に載ってなかったシャトルバスがあることを知り、急遽知床五湖観光敢行を決定。
     ※当初はカムイワッカ湯の滝に行って帰るだけ(滞在予定時間9分)だった
0815 宿出立前に荷物の大半(キャスター付かばん)を岐阜に送還。
     持って回るのがしんどいからでしたが、間違って替えの上着とかズボンとか寝巻きとか充電器とかも送ってしまって後々ビミョーなことに
0825 バスターミナルまで送って頂く、バスターミナルにはコインロッカー様がいらっしゃいましたよコンチクショウ
0830 知床五湖行きシャトルバスに乗車、乗車直後から生憎の雨模様に
Img_8349 「ウトロまでも大概険しかったけどこんな脅しはなかったよねえ?」「更に険しくなるわけですか...」

0840 知床自然センターに到着、ここから先は一般車通行禁止なので、自家用車組が乗り付けて車内大混雑に
Img_8352 更に進んで岩尾別「ユースホステルはいいけど温泉街は?」「バス停から4km先とか看板あったよ?」「あの、車窓から見えないんすけど...」

0905 知床五湖バス折返し場に到着、とある事情で立入り制限掛かってましたが、先ずは出立、とその前に
Img_8358 「何で熊除け鈴なんか持ってんの!?」「実質無料(預かり金制度)なだしまあ気分で」

0930 知床一湖に到着
Img_8361 「いい画ですな」「空気も美味いしね」「これで天気が良かったら大変に爽やかなのだろうねえ...」

0950 知床二湖に到着
Img_8371 一湖よりも小さいんですが、この先まだまだあるんだぜ的な奥行きを感じさせる湖でございました

このあと知床五湖バス折返し場、知床自然センターでお土産などを物色、知床自然センターでは自分用にギャグシャツを購入

1043 知床自然センターでバスが2台並んでいる...と、後ろのに乗車をとの案内あったのでそのとおり乗車。
    と、車内案内が「ウトロ温泉行きです」 あれ知床斜里駅行き直通に乗りたかったんだけど...?
    で、ウトロ温泉で下車して即カウンターに尋ねたところ、反対側の乗り場から出ようとしていたバスに慌てて発車待てのご指示?
    あとで判りましたが、自然センターで前にいたのが知床斜里駅直通だったと(^^;

1140 知床斜里駅前バスターミナルに到着
    網走方面への接続が1時間待ちのため、セイコーマートや土産物店を物色
Img_8379 そして土産物店での一コマ「誰が買うんだろう?」「いや、誰が食べるんだろう?の間違いでしょ」
1235 網走からの乗継列車の指定券を取りつつ、列車を待ってたらやってきたのは
Img_8381 「直角座席さんですか...」「いやあこの先の侘び寂びに相応しい車両キター!ですよ」
Img_8386 オホーツク海を眺めながら走るキハ40さん、車内は弱めの暖房が稼動、座席下のヒータで焼き鳥を暖めながらの移動に(ぉ

1325 網走到着、乗継が5分しかなく、作るのに10分掛かる生うにののった海鮮弁当は泣く泣く断念(爆)
Img_8430 「車販がいつ来るかねえ」「早くこないとこの人が暴れだしそうですいい景色なのに!」「だからアンタらは私を何だと」

1350 待望の車販が到着、帆立弁当とサッポロクラシックをゲット
Img_8439 「帆立ってもどうせ少しだろ?と思ってましたが」「ベビー帆立でも15個くらい入ってるねこれ」「酒のつまみになりますな」

1420 車内放送で「北見までに予約しないと手に入りません」旨の遠軽の『かにめし』のご案内、全力で釣られる弊社(ぉ
Img_8463 海沿いではない遠軽で何故、とは思いつつも美味しく頂きました、これがまたサッポロクラシックによく合いましてな(ぉぉ

1450 常紋信号場通過
Img_8448 この少し先に話題の常紋トンネルがありますが、前知識がなければ山奥の鄙びた信号場ですなあ...

1530 鉄道好きには有名な秘境駅が続く「白滝シリーズ」へ突入、天候がよければもう少し明瞭な写真が撮れたかも...?
Img_8476 ご本尊様
Img_8479 上下併せて1日2本停車の上白滝
Img_8482 乗降客がいないため格下げになってしまった奥白滝信号場
Img_8485 駅時代でも道内時刻表にしか掲載がなかったらしい上越信号場

1712 絶賛改築中の旭川駅に到着、結果えらい離れ小島になってしまっている富良野線ホームにたどり着くと
Img_8498 「また1両かい!しかもこの人数で!」んでもって雨が激しく、車窓も何もあったもんじゃありませんでした(爆)
Img_8506 「西」が付く駅名が4駅続く富良野線「西」駅シリーズ

1750 宿泊地の美瑛に到着、駅から徒歩2分の宿を探すのに15分以上掛かったり、お部屋が本来大人3人向けではなく宿の人がドタバタしたりしつつ...
Img_8518 「久しぶりにまともな肉料理をを食べてるねえ」「尚のこと美味いですな」「ぬぅこれで土鍋ご飯のお替りが出来れば...!」

この後は翌日の予定を色んな手段で(謎)再確認しながら23時前に就寝。
駅弁と自然と雨霧に振り回されるご一行様なのでありました。
そして、旅行当初から4日目だけは晴れて欲しいと祈るご一行様だったのですが果たしてどうなったかは次回で!

|

« 北の大地膝栗毛(2) | トップページ | 北の大地膝栗毛(4) »

コメント

全国版時刻表は知らんが、斜里バスHPの路線バス時刻表と斜里バスターミナルで配ってたシャトルバス時刻表とで食い違いがありましたなあ。
あとウトロ温泉ターミナルでもう発車していた知床斜里行きバスのドアをたたいて止めさせたのはこの私です(笑)
ちなみに旭川駅は元からあんな構造ですんで・・・

投稿: つゆ | 2009年8月 2日 (日) 22時38分

>知床斜里行きバスのドアをたたいて止めさせた
そんなことがあったんや・・今知りました(ぇ

投稿: カニ半分提供者 | 2009年8月 2日 (日) 23時39分

>つゆ先生
おおゆうしゃさま!
やー、てっきりカウンタのおばちゃんの仕業だとばかり思ってましたよ(^^;;;
実際あのバスを逃すとその日に美瑛到着が5時間くらい遅れてたはずですからなあ...

>離れ小島
旭川における美瑛の本来の扱いってあんなもんなんでしょうか
?(殴)

>美瑛の黒幕さま
あの狭いバスターミナルの中で、片やバス、片やコインロッカという2つの戦線が展開されていたわけですか(ぉ

投稿: 8991 | 2009年8月 3日 (月) 19時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北の大地膝栗毛(3):

« 北の大地膝栗毛(2) | トップページ | 北の大地膝栗毛(4) »