« 北の大地へ(6) | トップページ | 北の大地膝栗毛(2) »

2009年7月28日 (火)

北の大地膝栗毛(1)

絶賛乱気流中です(挨拶)
今度は副作用のおかげで(滅)

北の大地をうろちょろしてから、早いものでもう1週間。
写真は載せましたし道中記という名の恥さらしを書いたらいつものように長くなるんでスルーの予定だったんですが、
「とっとといつものネタ晴らしせいや往生際の悪い(意訳)」旨の電子矢文を複数頂きましてありがとうございますコンチクチョウ
極々一部の限られた需要しかございませんがネタもないので(殴)道中記を起こしてみましたので数日お付き合いくださいませ。

<0にちめ>
1640 入社以来初の定時ダッシュ(本当)、チャイムと同時にシャットダウン掛けたのは初めてざんす
1705 着替えだけでも荷物が多かったので大垣駅までタクシー、この荷物が後々微妙なネタを産むことになりますが詳細は後述
1755 タクシーさんが頑張ってくれたため、予定より1本早い列車で名古屋入り、きしめんかっこむ余裕があってよかった!
2010 予定通りの新幹線乗継に成功、しかし指定席が一番前(目の前は壁)で脚が伸ばせず微妙にしんどい一時でした...
2140 郡山着、改札外のNEWDAYSでこれこれ(一番上)の確保に成功、頑張りましたともええ(威張るとこじゃない)
2155 寝台特急「北斗星」乗車、予想通り同行者ズが乗降口ではカメラスタンバイ
   「いやこれで一安心」「ネタは少なめでお願い致しますよ?」
2225 21時からのパブタイムを狙って食堂車で軽く酒宴を企むものの無理っぽいと判明、北海道限定のこれを買って寝台での酒宴に変更
   「んまい!」「もう1本ずつ買ってくるわ」「いやこれ6本ケースを本土に持ち帰る人の気持ちが判るなあ」「お菓子あるよ~」「「もうそれか」」
   仙台通過後にお開きにして各自の寝台(Bソロ個室)へ

1にちめ(前半)
0430頃 ご一行様3名全員、青森での運転停車時に一度目を覚ましていたことが判明(爆)
0635  函館到着、3名とも機関車付け替え風景を撮影に走るも...
    「うわデジカメにSDカード挿してくるん忘れた!」「何ですかもう89場発動ですか?」
0700  函館出発後、食堂車討ち入り(大袈裟)@朝食タイム の協議に、入替発生が予想される森駅到着頃(0730)を狙うことに決定
0745  順番待ちをお願いすること15分、呼び出しがあってついに「走ってる列車の食堂車で食事する」Missionを達成(笑)
    「列車退避風景@落部駅を観ながら朝飯とは!」「いやはや美味い!」「色々あっただけにねぇ」
0900  食堂車を堪能した後にシャワータイム、サッパリできて旅行の気分が違います(爆)
1040  南千歳で下車、待ち合わせが90分あるため新千歳空港まで行ってSDカードを買おう、となったものの...
    「いくらパナ製とは言え1GBで¥2kは...」「予備のMicroSD貸しましょか」「あ、予備のSD変換アダプタ持ってた」「わおありがとう!でもそれもう少し早く言って!」
1210  弊社だけが駅弁(ほっきめし)を買って、スーパーおおぞら乗車
    ちなみに南千歳駅そばのアウトレットでは弁当がありませんでした、ってか弁当の豊富な新千歳空港で買っとけばよかったなってな話に(ぉ
    「ところでさ、新夕張を通過して15分経つんだけど次の駅はまだ?」「新夕張の次の駅までは30kmありますので」「はぃ!?」
1305  車内混雑のため車内販売巡回が遅れております旨の放送が
    「あー、ハラヘッタ」「弊社以外の人がそういう言葉を口にする事態になるとは」「隠さなくてもいいですどうせ1個じゃ足りないでしょ?」「そこ!?」
    トマム駅到着寸前に巡回が来て無事駅弁をゲット、弊社も2個目をゲット(ぉ
1410  帯広到着

Img_8106 「高架駅なのね」「この本数で意味あるんでしょうかそれにしても暑いなー!」「まともに陽の当たる側だもんねえ」「上着要らなかったかな...」

1427  池田到着

Img_8110 「ワインを猛烈アピールですよ!」「だからってわざわざホームに降りてまで写真を撮らずとも」

1542  定刻どおりに釧路到着、颯爽と降り立ったわけです、が...

Img_8123 「寒っ!上着要るよこれ!」「雪のない釧路で寒さを感じるとは」「息が白いね...」「ホットコーヒーホットコーヒー!」

いきなり道東の洗礼を味わう一行なのでありました、このあとはまた次回!

|

« 北の大地へ(6) | トップページ | 北の大地膝栗毛(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北の大地膝栗毛(1):

« 北の大地へ(6) | トップページ | 北の大地膝栗毛(2) »