« ただいま帰省中その2 | トップページ | お盆の帰省終了 »

2007年8月14日 (火)

ある日の会話甲子園編

あつはなついって妖気もとい陽気の福岡ですが皆様如何お過ごしでしょうか(少し壊)

「今年の甲子園は面白いですね」
「緊迫感のある試合が多いよな。精一杯やってんのも伝わってくるし、正直プロ野球よりもずっとオモロイ
「似たレベル同士の対戦が多いのかな?一方的な試合が少ない気はするね」
「それはエエけどや、これ組合せの時点で何かあるんちゃう?駒苫-広陵、外大西-常総、報徳-青森山田、創価-名電、仙台育英-智弁て、嫌がらせやろ
特待生問題で私学連盟にボコられた高野連の意趣返し、ってか?」
「まぁ接戦の演出は興行の基本だし接戦だと『ひたむき且つ爽やかな高校野球』のイメージにはなりやすいじゃない?」
皆さん最初っから『オトナの事情』を織込み済なんですか・・・
「いや、こりゃ何かあると考える方が自然」
「それ以前に高野連のあのジジイ連中をどう信頼せい言うねん
「『オトナの事情』と言えば、こういう 記事 を見ると何だか胸が詰まるね。学生さんも大変だけど大人も大変だ
「学校の存続もかかってるでしょうしねぇ・・・」
「とにかく結果を出せ失敗は許されん、ってのはもはやアマチュアじゃねえだろと
まあこうやって色々気にしとる時点で、ワシらも世話ないけどな
「「「あー」」」

|

« ただいま帰省中その2 | トップページ | お盆の帰省終了 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある日の会話甲子園編:

« ただいま帰省中その2 | トップページ | お盆の帰省終了 »