« ドアノブ壊れる | トップページ | ある日の会話GW直前版 »

2007年4月25日 (水)

駿河国珍道中(鉄道と食い物以外)

 会社で立ち眩みを起こして医務室で血圧を測ったら、88/58で即早退を命じられた8991ですこんばんは(挨拶)
 こないだちょっとした災害があったので、安全第一ってんで体調不良の場合は即刻帰宅か医務室行きなんですよ(爆)

 さて、こないだの土日は駿河国をうろちょろしてたわけですが、何も鉄道と食い物のみを目的とした旅ではございませんで、ちゃんと観光もしたんですよ?という証拠写真を残しておきます。何やらいつも旅行に行くと食ってばっかだと思ってる人もいるようですが・・・まぁ鉄道かバスかフェリーか蹴鞠か食い物のどれかが入ってない旅行がないのも確かですけど(ぉ

Photo_44富士宮市の富士山本宮浅間大社やきそば学会アンテナショップの真ん前にあります
ちょうど本宮内では結婚式が執り行われており、烏帽子までフル装備の巫女さん×2がいらっしゃいました(笑)
どうでもいいことですが、巫女さん以外の神職の方を全く見かけない神社は初めてでした(ぉ
実家最寄の神社は逆に巫女さんが全くいない神社なんですが(笑)

Photo_45富士宮市の奥にある音止の滝
富士宮に限らず駿河国はこの日大変蒸し暑かったんですが、滝のあたりは涼しゅうございました
この滝を眺めながらお茶が飲める喫茶がありましたが、焼きそばで腹が膨れてたので華麗にスルー(ぉ
まぁ売店で滝の近くにある朝霧高原産牛乳を買って飲んだんですけども(ぉぉ

Photo_46その音止の滝から徒歩5分もしないところにある白糸の滝
こちらの方が規模も大きくかつ有名な滝でございます
国の天然記念物&日本の滝百選に選ばれるのも納得の絶景、おまけに涼しくて宜しゅうございました
あ、滝の周囲のデジカメ(それも一眼レフ+三脚)人口が大変多かったです(笑)

Photo_47さらに山奥へ進んで県境を越えて山梨へ、富士五湖の最南端、本栖湖(旧上九一色村)まで行ってきました
山梨県に降り立って歩いたのは今回が初めて、いつもは夜行バスで通過するばかりでしたから(^^;
白糸の滝から本栖湖までは弊社が運転したのですが、同乗者が「途中1度ヤな汗をかいた」そうで(爆)
その汗を本栖湖の冷たい水が癒してくれたと信じたいです・・・

Photo_48というわけで富士五湖まで行ったにもかかわらずこの日は生憎の曇り空でして・・・
富士山の上のほうは雲に隠れて全く見ることが出来ませんでした
本栖湖から富士市への帰途の車中から見えたこのショットが最も富士山をきれいに拝めた場面でした
今回の旅行での心残りが、富士山の麓まで行ったのに富士山を拝めなかったことですね(爆)

 以上で駿河国珍道中の備忘録を終わります。まぁ写真には写ってない不毛なネタやらトホホなネタもあったんですが、それは同行者がいずれ話してくれるでしょうから弊社の名誉のためにも黙っておきます(ぉ  

|

« ドアノブ壊れる | トップページ | ある日の会話GW直前版 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駿河国珍道中(鉄道と食い物以外):

« ドアノブ壊れる | トップページ | ある日の会話GW直前版 »