« ちと楽がしたくなったので | トップページ | 伊勢日帰りうろちょろ紀行(2) »

2006年9月 3日 (日)

伊勢日帰りうろちょろ旅行(1)

 JRになってから各社が色んな企画切符を出していますが、JR東海にはこういう切符があります。今年度リニューアルした切符なんですが、乗降可能範囲が物凄く広くなりました(以前は飯田線、紀勢線の松阪以南及び参宮線、高山線の美濃太田以北、中央線の中津川以東は含まれなかった)。さらには第3セクターの伊勢鉄道も別料金不要で乗降フリーになり、大変に使い勝手の良い切符になりました。

 ということで。これを使って未乗の路線に行こう!と思ってはいたのですが、如何せんこの切符は有効期間は当日のみなので、遠くへ行くには早起きをせねばならんわけです(笑) なので今日も早起き出来たら行ってみるか、くらいの感じでした(軟弱)

 今朝は上手いこと8時にはしっかり目が覚めたので、朝食を摂りつつ行ける範囲を考えたところ、参宮線の鳥羽駅と紀勢線の三瀬谷駅までは、特急をそんなに使わずとも何とかなりそうなのが判明。で、あたふたと準備を済ませ、まずは名古屋へ向かいます。このときのあたふたっぷりが旅行の必需品を忘れて出てくるというネタを産んだわけですが(駄)

 名古屋からはまず快速「みえ」で一気に参宮線の鳥羽まで向かいました。最初は指定を取ろうと思ったら満席だったので、自由席で座れるか心配したんですが・・・幸いにも乗車待ちの先頭を確保できたので(笑)、窓側の座席を確保できました。列車は、関西線・伊勢鉄道・紀勢線と走り、松阪に到着。この松阪以南が今回の初乗車区間です。如何にも盆地という景色の中を走りつつ、松阪から程なくして、紀勢線と参宮線が分岐する多気駅に到着。列車はここから参宮線に入り、鳥羽を目指します。

Img_2376 「みえ」車内から撮影した多気駅

反対側のホームにいるのは紀勢線上りの亀山行き

分岐駅で特急は全て停車する駅なのに、意外にもひっそり感が漂う駅です

 さて、参宮線は鳥羽に向かう路線なので、てっきり海沿いばかりなのかと思ったら、さにあらず。途中はずっと内陸を走り、鳥羽の手前の池の浦(臨時停車場)近辺でようやく海が見えた程度でありました。 

Img_2383

参宮線の外城田~宮川間の1コマ

ほんっとに内陸の田んぼの中を線路が走っているという感じ

早いものでもう稲刈りが始まっている田んぼもありました

Img_2396松下~池の浦シーサイド間の1コマ

参宮線で海を満喫できるのは、この池の浦シーサイド近辺だけでした・・・

海そのものはきれいでした、今日は暑かったから泳いだら気持ちよかったかな?

 そうこうするうちに、多気から約30分で終点の鳥羽駅に到着です。

Img_2401鳥羽駅到着直後の1コマ、乗ってきた「みえ」を撮ってみました

左側に見えるのは近鉄の鳥羽駅ホーム(誇線橋で繋がってます)

JRはこの鳥羽までですが、近鉄はさらに先の賢島まで走ってます

 さて、鳥羽からとんぼ返りをしたのはこちらに書いたとおり。まぁ駅弁を買うならこの鳥羽しかなかったんですが、今更言ってもtoo late!ですね(ぉ

 で、鳥羽からすぐ折り返して伊勢市で途中下車、まぁ車両基地の撮影は何とかこなしつつ、更に多気まで戻ります。多気からは今度は紀勢線に乗り換えなんですが、以下続く。

|

« ちと楽がしたくなったので | トップページ | 伊勢日帰りうろちょろ紀行(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢日帰りうろちょろ旅行(1):

« ちと楽がしたくなったので | トップページ | 伊勢日帰りうろちょろ紀行(2) »