« 通院日&ペーパードライバー教習 | トップページ | 中国地方うろちょろツアー(7) »

2006年7月20日 (木)

中国地方うろちょろツアー(6)

 諸事情による予定変更で、広島駅に予定よりも1時間以上早く着いてしまいました。この時間では、待ち合わせをしている知り合いの用事がまだ終わってません。「適当にうろついてます」というメールを打っておいて何をしたかというと・・・広島の市内電車の乗りつぶし。まずは1日乗車券を買って、いくらでも乗れますよという態勢を整えます(笑)

 市内電車は、2系統の広島駅~己斐(西広島)しか乗ったことがありません。事前に知合いの用事の場所は舟入町(6・8系統)と市役所前(1・3・7系統)の間にあることは聞いておりました。で、最も待合せ場所にはなりにくそうなところを通る系統からということで、広島駅から5系統(比治山経由宇品【広島港】行き)で宇品に向かいます。ちょうど1日乗車券を買ったところで5系統のホームに800形が入線。いわゆる軽快電車というやつで、加減速が素晴らしい。さらに広島では軌道敷内は自動車通行禁止なので車の多い時間でもスイスイ進んでいけるのも素晴らしい。

 5系統の通るところは閑静な住宅街っぽい感じで、車も少なく非常に快適な乗り心地を楽しみつつ宇品【広島港】に到着。ここって電停の真ん前がフェリーターミナルなんですね。階段の昇り降りもなくて便利でした。また、宇品は市内電車のターミナルの1つなので、3本のホームで複数系統の列車を捌くんですが、次から次から電車が出入りしていく様子はちょっと圧巻でした。 

 さて、宇品到着時点では知合いの用事が済んだという連絡はまだなし。そこで、ちょうどいた3950形(グリーンライナー)に惹かれて1系統広島駅行きに乗車。こちらはVVVFインバータ搭載なので、800形以上に加減速も走りもスムーズです。但し、途中の電停の一部では一番前の車両の前扉からしか乗り降りできないってのは若干不便かもしれない(^^; さて、電車は皆実町6丁目で5系統と別れ、ここからが初乗車区間になります。広島の中心街一帯に向かう道路に沿うので交通量も一気に増え、信号待ちになる回数も増えます。が、それでも列車の性能がいいのであまりストレスは感じません。

 ごとごと電車に揺られつつ次はJR横川駅に行くことにしました。そこで1系統を日赤病院前で下車し7系統横川駅行きを待っていたところで知り合いから「用事終わったよ~」の連絡が入り、知り合いが用事を済ませていた場所に行くことに。ちょうどやってきた3系統己斐行き元京都市電の1900形に乗り込んで市役所前まで。その前に乗っていた2形式と比べるとレトロ観満載でいい風情の車両でございました。

 知り合いと落ち合った後は、お好み村で広島風お好み焼きを堪能。そこで私が何をやらかしたかはトラックバック先をご参照下さい(笑) しかしこれだけは言っておきます。昼から何も食べてない状態の弊社に取っちゃあ、大好物の広島風お好み焼きを1玉だけで止めるのは苦行以外の何物でもないのですよ! 

|

« 通院日&ペーパードライバー教習 | トップページ | 中国地方うろちょろツアー(7) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国地方うろちょろツアー(6):

» 広島旅行1(結婚式編) [不毛製作所奈良支店]
今日は無線部OBの1人、おすぎ氏の結婚式のために広島へ向かいました。おすぎ氏は卒 [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 21時31分

« 通院日&ペーパードライバー教習 | トップページ | 中国地方うろちょろツアー(7) »