« 山里へ行ってみた | トップページ | 海を渡ってローカル線へ(2) »

2006年6月 5日 (月)

海を渡ってローカル線へ(1)

 またまた先日のお話です(笑) 有明海 島原鉄道(通称:島鉄)の鉄道線完乗をやってきました。

  昨今、全国的にローカル線経営は非常に厳しい状況です。島鉄も一部区間の廃止も検討され始めている状況になっています。そして私はその該当区間に乗ったことがない・・・デジカメも買ったし(?)、思い立ったが吉日、ということで。

  まず、福岡から、西鉄電車で大牟田まで向かいます。大牟田からは写真の連絡バス(西鉄バス大牟田)で三池港へ。

Img_0073_1

大牟田駅には出口が2つありますが、このバスは西口(西鉄側)発

一見普通の路線バスに見えますが、

補助席付きで、座席も少し良いものを使ってありました

  三池港からは島鉄高速船で有明海を横断、島原外港へ向かいます。

Img_0084_4 この日は通常の島鉄1号でなく島鉄2号の就航。

通常なら40分で島原ですが、この船だと50分・・・

ということを乗船後に初めて知りました(をぃ

  ちなみに島原外港での高速船→島鉄鉄道線の当初の予定乗継時間は15分。従って今回の乗継時間は5分しかないことに(汗) まぁどうせ鉄道駅は港に併設だろうし、とタカを括っておりました。船旅そのものは順調で、予定通り(笑)50分で到着したのです、が。

Img_0106_1 島原外港到着直前の一コマ。

どこにも鉄道駅らしいものが見当たりません(汗)

いったい島原外港駅はどこ!?

  実は・・・島原外港駅はこういう位置にありました(爆) 駅は港に併設と思い込んで下調べをしなかった私。だからネタ人間。港にはバスターミナルは併設されていたので、窓口で尋ねると、「ここから歩いて3分」とのお返事。

  果たして私は予定の列車に乗り継げるのでしょうか・・・(以下続く)

※9/29:内容はそのままで、文章の折返し及びフォントのみ変更しました

|

« 山里へ行ってみた | トップページ | 海を渡ってローカル線へ(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海を渡ってローカル線へ(1):

« 山里へ行ってみた | トップページ | 海を渡ってローカル線へ(2) »